アクセス解析・CV測定のタグを一元化!Yahoo!タグマネージャーの使い方

2015/10/30

もくじ

はじめに

皆さんこんにちは。miyaharaです。

Webマーケティングをしていると、自社のサイトにはアクセス解析・コンバージョン測定・リターゲティングなどなど、様々なサービスを導入しますよね。
そのタグを一つ一つサイトに導入しているとページの表示速度が遅くなってしまったりしますし、運用者としてもタグの管理が煩雑になってしまいます。

そこで今回は、タグを一元管理できるYahoo!タグマネージャーを紹介します。

Yahoo!タグマネージャーとは

概要

Yahoo!タグマネージャー」は、さまざまなタグを一元管理できるタグマネジメントサービスです。共通タグをウェブページへ埋め込むだけで複数のタグ管理を容易に行うことが可能となり、タグの導入・運用負荷の削減、ページ表示の高速化が実現できます。

出典: Yahoo!タグマネージャー

メリット

概要部にも書いてありますが、メリットは大きく分けて2つとなります。

・タグを一元管理していることによる、運用工数の削減
・ページ表示の高速化

自社サイトの全ページにYahoo!タグマネージャーさえ導入していれば、タグごとに「このページにこのタグを導入する/しない」という設定ができるため、各種サービスで設定する手間が省けます。

Yahoo!タグマネージャーの使い方

まず前提として、Yahoo!プロモーション広告を利用していなければなりません。
Yahoo!プロモーション広告を利用していれば、1アカウントに1つのサイトを設定して利用できます。

初期設定


Yahoo!プロモーション広告にログイン後、上記写真の通り「運用サポートツール」→「Yahoo!タグマネージャー」とクリックして、Yahoo!タグマネージャーを設定したいアカウントで「設定」ボタンを押します。


その後サイト名・URLの必要事項を記入し、初期設定は完了です。

ページの設定

実際にYahoo!タグマネージャーでタグを管理する場合、タグの設定と、タグを導入する先のページの設定を行います。
今回は、先にタグを導入するページを設定しましょう。

Yahoo!タグマネージャーに入ったら、「ページ管理」→「ページの追加」を押します。


まずは、タグを導入したページ全てをタグの稼働範囲とする設定を行いましょう。
ページ名には、自分でわかりやすい名前をつけてください。
URLパターンには、アスタリスクを2つで「**」と記入してください。
**はワイルドカードと呼ばれ、任意のページを表します。
単純に**だけだとページ全体を表しますし、指定ディレクトリの配下を指定することで、指定ディレクトリ以下全体を選択できます。

(例)
レンタルサーバー比較のつぼ!で「開発メモ」全体を、ページ設定したい場合
→URLパターンに、「http://rentub.com/dev/**」と記入

特定のページでしか設定が必要ない場合には、そのページのURLを指定すればOKです。

タグの設定

次に、タグを追加しましょう。「サービスタグ管理」→「サービスタグを追加」を押します。


今回は、YDNのリターゲティングタグを導入します。
検索窓で「YDN」「Yahoo!」などで検索し、目的のタグを見つけます。


「サービス名」には、自分でわかりやすいようにタグの名前をつけておきましょう。
Retargeting IDには、YDNからリタゲタグを取得すると、タグ内に該当の記述があるので、そこからコピーします(画像に記載のIDはダミーです)。


そして、タグを導入するページを設定します。設定したいページの「未設定」ボタンを押すと「設定済み」に変わりますので、次へ行きましょう。


最後に上部「プレビュー」を、「有効」にすればタグの設定も完了です。

まとめ

以上、Yahoo!タグマネージャーの概要と使い方の説明でした。

タグの管理に時間が割かれるなどといった悩みがある方は、このツールの導入で激的に改善されると思いますので、ぜひ導入してみてください!

投稿者情報

k_miyahara

k_miyahara

miyaharaと申します。
普段はリスティング広告を中心に、Webマーケティングに関する業務をしています。
好きなものはラーメンで、特に二郎・家系・中本が大好きです。日々太り続けています。

>> k_miyaharaが執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー