Photoshop初心者向け指南書!その2【レトロ加工】

2015/07/15

みなさんおはこんばんにちは。

いよいよ夏本番です。

つめた〜いおいし〜いアイスが食べたいですが、

懐が冷え切っていてそれどころではないkondohです。(┐・д・┌)



さて今回は、前回言っていた通り、

Photoshopを使って実際に写真加工をしてみましょう!




Photoshopでの写真加工



Photoshopで行うことの出来る写真加工は



何百通りもあると思います!

(多分…)



暗い写真を明るくする

普通の写真をレトロ風にする

画像と画像を合成する

などなど…



そこで、今回は初心者の方でも簡単に取り組める

レトロ風な写真加工方法を書いていこうと思います!




Photoshopで写真をレトロ風に加工する方法


STEP1-写真を開く



875f89438afb5cdaf52737cd99b3130c_s



まずは加工したい写真を開きましょう!



「加工したい写真なんてないよ..」

という方はコチラがオススメ



PhotoAC



無料の写真素材サイトですよ~



今回私が使うのもphotoACからダウンロードしたものです♪


STEP2-レイヤーを複製

Photoshop_kakou_2

『レイヤー』メニューから『レイヤーの複製』を選択します。

Photoshop_kakou_3

レイヤーが上の画像のようにコピーされましたか?

複製した『背景のコピー』を編集していきます!

STEP3-トーンカーブの編集1

Photoshop_kakou_4

『イメージ』メニューから『色調補正』→『トーンカーブ』を選択します。

Photoshop_kakou_5

真ん中に正方形の窓があって、
波のようなグレーの図(ヒストグラム)があります。
左下から右上に向かって伸びている線が『トーンカーブ』です。

『トーンカーブ』を上の写真の様にいじってみましょう!

線を上に引っ張ると写真が明るくなって、
下に引っ張ると暗くなります。

STEP3-トーンカーブの編集2

Photoshop_kakou_6

次は『RGB』となっているチャンネルを『レッド』にします。
このように、特定の色域のみの明るさ等を編集することが出来るのも
Photoshopのすごい所ですね。

上の写真の様に『レッド』チャンネルのトーンカーブをいじりましょう。

Photoshop_kakou_7

次は『グリーン』チャンネルを

Photoshop_kakou_8

そして『ブルー』チャンネルをいじってください!

どうでしょうか?
だんだんと写真にレトロ感が出てきたと思います。
トーンカーブをどれだけ駆使出来るかがポイントです!

沢山触って慣れてくると、思い描いている写真を
作る事が出来るようになっていきますよ~

まとめ

はい!

Photoshop_kakou_9

じゃーん!

いかがでしたか?
雰囲気は出ていると思います(自己満足)

たったの数ステップでこんなにも変化を体感する事が
Photoshopには出来ます!

実際に見ながらやってくれた方は、
変化を楽しみながらやってくれたのではないかな~と
思います。

いやいややっても技術は身に付きません!
どうせやるなら楽しんだ方が良いと思いますよ(^^)v

それではまた来週・△・)ノ

投稿者情報

デザイナーの総です。
楽しいことが好きです。
デザイン楽しいです。

>> 総が執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー