Illustratorのショートカットキー【初心者脱出編】

2015/06/23

こんにちは。

やっと休みの日にサイクリングができたkondohです。

足プルプルです(((( ˙-˙ ))))プルプルプルプルプルプルプル



今回の記事は前回に引き続き、

Illustratorのショートカットについてです!



タイトルにもありますが、



初心者脱出編!



ですので、どうぞお付き合い下さい。




おさらい







前回はIllustratorの基本中の基本のショートカットキーについて

ご紹介致しました。



今回は覚えておくと、さらに『便利』『効率化』そして

『自分、仕事出来てる感(笑)』を感じる事のできる

ショートカットキーをご紹介していきます。



(macの方は【Ctrl】を【Command】、【Alt】を【option】に

置き変えればほとんどは大丈夫だと思います)




画面操作に関するショートカット







拡大、縮小、見える範囲の移動…

実際に制作するオブジェクトなどに関わる

ショートカットではないのですが、

覚えといて絶対に損は無いです。


手のひらツール:スペースキー



スペースを押しながら左クリック&ドロップで

アートボードの位置を変える事ができます。


拡大ツール:Ctrl+スペースキー



キーを押しながら、左クリックした部分を拡大していきます。

また、キーを押しながら左クリック&ドロップをすると

その範囲が拡大されます。


縮小ツール:Ctrl+Alt+スペースキー



拡大ツールの反対ですね。


拡大その2:Ctrl++(プラス)



画面中央に向かって拡大していきます。


縮小その2:Ctrl+-(マイナス)



画面中央に向かって縮小していきます。


100%表示:Ctrl+1



実寸サイズで表示します。


アートボード表示:Ctrl+0



画面一杯にアートボードが収まるように表示します。




配置に関するショートカット







これから載せるショートカットを覚えると

オブジェクトの扱いがさらに早くなりますよ。


オブジェクトを前面に:Ctrl+]



選択しているオブジェクトを一つ前面に持ってきます。

shiftを追加すると、オブジェクトを一番前面に持ってきます。


オブジェクトを背面に:Ctrl+[



選択しているオブジェクトを一つ背面に持ってきます。

shiftを追加すると、オブジェクトを一番背面に持ってきます。


前面にペースト:Ctrl+F



コピーした、オブジェクトの前面にペーストします。


背面にペースト:Ctrl+B



コピーした、オブジェクトの背面にペーストします。


同じ位置にペースト:Ctrl+Shift+V



コピーした、オブジェクトと同じ位置にペーストします。


グループ化:Ctrl+G



選択した複数のオブジェクトをひとまとめに扱えるようにします。


グループ化解除:Ctrl+Shift+G



選択したグループ化されているオブジェクトのグループ化を解除します。


ロック:Ctrl+2



選択したオブジェクトを触れないようにロック


ロック解除:Ctrl+Alt+2



ロックされているオブジェクトのロックを解除




まとめ



いかがでしたか?

「それくらい知ってるよ。」という方はさすがですね。

「初めて知った。」という方はラッキーですね!



ショートカットキーを覚えていってどんどん

作業の効率化を目指しましょう!



ここで紹介したIllustratorのショートカットキーはほんの一部です!



無理に一気に覚える必要は無いと思います!

よく使うものから実際に使って行って、自分の力にして

作業の効率化を目指しましょう!



次回は、ショートカットキーを自分流にカスタマイズ

する方法について書きます。



では!また来週!

投稿者情報

デザイナーの総です。
楽しいことが好きです。
デザイン楽しいです。

>> 総が執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー