暮らしにきっと役に立つ?!青色と脳の不思議【色彩心理学】

2015/10/06

色えんぴつ_m_630×350

人は、周りの情報を殆ど視覚で得ていると言われています。
その情報の中でも一番多いのは色に関するものです。
それは色で得られる情報が多いからです。
そして、人は色の変化や状態を見て、身を守ったり感情を
コントロールしたりする事が出来ます。

昔、『学研』の子ども向け学習雑誌で、ある実験を掲載していました。
色々な色に配色されたケーキを用意し、被験者の子ども達は
どれが食べたいケーキか選ぶ実験です。
通常の白や暖色系のピンク・黄色などに寒色系の青色のケーキが
ズラリ…

そして、食べたいケーキに子どもたちが並びます。

圧倒的に多かったのは、通常の白色のケーキ。
その次に多かったのは、暖色系の色のケーキ。
一番少なかったのは、寒色系の青色ケーキでした。

まだ私も子どもだったので「青色のケーキって、見たこと無いから面白い!」と
思いましたが、「だけど、食べたいかっていわれると…」
ちょっとコワイ…

何故、そう思ってしまうのか。

青色には食欲抑制効果とリラックス効果がある

実は青色の食べ物とは、自然界に殆ど存在しない色なのです。
その為、そのような色の食べ物は、なかなかお目見えしないので、
脳が本能的に「危険!毒かもよ?!」と判断しているのだとか。

では、青色にはどのような効果があるのか。
先ほど、お話しました私の子どもの頃の話で、
お気づきだと思います。

そうです!青色には、食欲を抑制する効果があるのです。
青い食べ物は毒性をイメージさせる為、自分の生命を守ろうと
脳がその食べ物を食べないよう阻止するため、
食欲を抑える司令を出すのです。

この他にも、青色にはリラックス効果があります。
嫌な事があってイライラしていたのが青い空や海を見て、
いつの間にか「ホッ…」とした事があると思います。
それは、青色を見ると脳内からリラックスさせる神経伝達物質の
セロトニンが分泌され、精神を安定させてくれるからなのです。

また、青色は時間経過を緩やかに感じさせる効果もあるため、
ゆっくりした時間を過ごせませす。

青色を使って、ダイエットが出来る!

この青色の効果を利用して、ダイエットをしみてはいかがでしょうか?
まず、食器やカトラリー、ランチョンマットを青色にしてみましょう!

テーブル_s

100円ショップで、全て揃えられると思います。
食欲減退と、空腹でイライラした気持ちを抑えられて
一石二鳥です。

もっと、徹底的にしたい!という場合は
食材に青色の食紅を使って、
食べ物自体を青く染めてみましょう。

なかなかのインパクトのある料理が出来上がると
思います。

しかし、一人暮らしで自炊をしていらっしゃる方でしたら
青色料理を作れますが、ご家族と一緒に暮らしている方や
忙しくて料理が出来ずにコンビニ弁当で済ます方ですと、
青色料理を作るのは難しいと思います。

しかし、諦めてはきけません。
視覚を青色に変えてしまえば良いのです。
お部屋のライトを青み掛かった蛍光灯にしたり、

bluelenz_02

このような青色レンズの眼鏡をかければ、
どんな好物の食べ物も真っ青に見えて
食欲減退させてくれると思います。

「こんな恥ずかしい眼鏡を掛けて、ご飯を食べたくない!」
と言う方は、食べる前に2~3分くらい掛けてみてください。

空腹でイライラしていた気持ちを抑えリラックスしてきますので、
ガツガツ食べるつもりでいた食欲の勢いを抑えてくれるはずです。

これを逆に考えますと、
食べ物を写真で撮るときは、青色は要注意です。

「こんな美味しいものを食べたよ!」と
SNSで皆に報告しても、部屋のライトが青み掛かった
蛍光灯でしたら、写真全体が青くみえ
あまり美味しそうに見えません。

なので、美味しい料理を撮影しましたら、
色補正で青みを取って上げると美味しそうに見えますよ。

まとめ

青色の身体に与える効果、いかかでしたでしょうか?
リラックス効果はもちろん、ダイエット効果も期待出来る青色。
この色を上手に使用して、イライラ解消や理想の体型を
手に入れてください。

ただし、結局は食欲を抑え栄養の摂取を減らしているので
体調が悪い時等や食べ物を沢山残してしまうようになりましたら、
一旦、中止することをおすすめします。

栄養不足で痩せていっては、お肌も髪の毛もパサパサに
なってしまいます。
美しく健康的に痩せる事が何よりですから、気をつけて
ダイエットを行って下さい。

投稿者情報

m_yamakoshi

m_yamakoshi

デザイナーのyamakoshiです。
今更ですが、ソーシャルゲームにハマってしまいました。
イラストがかわいいとキャラクターに愛着がわきますね。

>> m_yamakoshiが執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー