所要時間10分!分散型バージョン管理システムBitbucketの初期設定

2015/06/15

はじめに

ソフトウェア開発やWeb開発を複数人で行っている人の中には、分散型バージョン管理システムを使っている方もいるかと思います。

そのシステムの中でも有名なのが、GitHubBitbucketがあげられます。

どちらも無料のまま使えるのですが、その場合ソースコードが公開されてしまいます。

課金すればプライベート(非公開)にできるのですが、 Bitbucketの場合、5人までのチームならば無料のままでプライベートにできるのでオススメです。

今回は、そのBitbucketでのレポジトリの作成、チーム内で公開までという初期設定の方法を紹介します

 

Bitbucketレポジトリの作成の流れ

アカウント登録

Bitbucket公式サイト

↑こちらから各種情報を入力して登録して下さい。

 

レポジトリの作成

スクリーンショット 2015-06-12 16.33.39

まず画面の上のバーの所から作成→リポジトリの作成を選択します

スクリーンショット 2015-06-12 16.40.17

入力フォームに任意の情報を入力します。 ここで、アクセルレベルは、非公開リポジトリにチェックを入れておいて下さい。 これでソースコードはプライベート(非公開)になります。

そしてリポジトリ作成ボタンを押して下さい

レポジトリのセットアップ

先程作ったリポジトリとローカルのフォルダを紐付けます。

コマンドを使って紐付けたフォルダに移動

※今回は、documentsのワークスペースの中のtestフォルダを対象のフォルダとしてます。

$cd /documents/workspace/test

Gitコマンドで初期化します

$git init

リポジトリと紐付けます ※user-idには自分の登録したユーザー名が入ります。ブラウザのバーのURLのbitbucket.org/以降に記載されています

$git remote add origin https://user-id@bitbucket.org/user-id/test.git

リポジトリにPUSHします。

$git add .


$git git commit -m 'Firstcommit'


$git push -u origin master

これで完了です。

メンバーの追加

チームのメンバーを追加していきます。

先程作成したリポジトリを選択します。

スクリーンショット 2015-06-12 18.01.42

 

①左側のメニューバーの歯車アイコンを選択

②アクセス管理を選択

③ユーザーの所に追加したいメンバーのメールアドレスもしくはユーザー名を入力します。

※またそれぞれのユーザーの権限もして選択して下さい。

これでチームメンバーに公開されます。

 

メンバー側設定

メンバー側でもリポジトリをひもづけるように設定します

スクリーンショット 2015-06-12 18.12.34

左側の・・・と丸く書かれたところからクローンを選択します。

$git clone URL

上記のようなコマンドが出てきますので、ターミナルなどで実行します。

これで設定完了です!

 

投稿者情報

パンダマン

パンダマン

パンダマンです。

主にWebシステム開発等を担当しております。
設計・プログラミング。サーバー管理なんでもやります。

今、担当しているプロジェクトではJavaの今まで触れたことのないフレームワークを使うことになり勉強中です。
学生にC言語のプログラミングの基礎を教えたりもしています。
最近「キングダム」にはまっています。

>> パンダマンが執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー