【勉強法と試験対策】Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験 Advancedを受験しました

2015/12/25

もくじ

はじめに

miyaharaです。
先日Yahoo!プロモーション広告に関する試験を受験したのですが、なんとか合格できました!
試験にはBasicとAdvancedがあるのですが、以前にBasicは合格していたので、今回はAdvancedを受けました。

今回は、試験を受けるにあたって行った勉強法と、問題の傾向などをお話しします。

試験の概要と試験問題の傾向

Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験とは

Yahoo!プロモーション広告が提供するスポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の運用やコンサルティング、販売等に関わる方々を対象に、「Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験」を提供しています。

トップレベルのスコアを取得された方には、プロフェッショナルのあかしとして、名刺等に利用可能なロゴをYahoo! JAPANより授与します。
(中略)
※「ベーシック」はサービスの基礎的な知識力を問う内容、「アドバンスト」はサービスの効果をあげるための知識力・運用力を問う内容となり、難易度が異なります。

引用: Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験 – Yahoo!マーケティングソリューション

書いてある通りですが、確かにAdvancedになると「○○という問題がある。この場合どのようにすればよいか」などといった運用上の問題に対しての解決方法を聞かれる問題が増えたような気がします。

試験問題の傾向

■出題範囲

大きくわけて4つの項目から出題されます。
受験後、それぞれの項目ごとの得点率が開示されます。

・スポンサードサーチに関すること
・YDNに関すること
・Yahoo!プロモーション広告サービス全般
・マーケティング全般

「Yahoo!プロモーション広告サービス全般」では、Yahoo!タグマネージャーの概要やYahoo!ビジネスIDの権限レベルについてなどが出題されます。

「マーケティング全般」では、数値計算やマーケティング用語に関する問題が出題されます。
アルファベットは略称元の単語も覚えておくと、自然に覚えられます。
参考: 【CPA CPC CTR】Webマーケティングの用語・指標まとめ

※スポンサードサーチ・YDNはそのまんまのため割愛します。

■実際の試験について

試験はPCで受けます。試験会場に専用のPCがあり、そのPCで回答を進めていきます。

出題形式は、基本的に4択の選択問題です。
ただ、選択肢の中から「誤っているものを選べ」や、「複数選べ」と出題されることもあるため問題文は注意深く見ましょう。

また、Advanced試験は問題が80題で、制限時間80分です。
1問にあまり時間はかけてられないですね。
詰まりそうな問題があったらサッと飛ばしましょう。
詰まった問題をチェックしておく機能があるので、バシバシチェックして後から見直しましょう。

勉強方法と試験対策

今回は、4つの手順を踏んで対策しました。

1. 知識をつける
2. 練習問題を解く
3. 答え合わせをする
4. 覚える

1つ1つ解説していきます。

1. 知識をつける

通常のリスティング広告運用で得られる知識とは別に、「ジッセン!」というサービスを使っての勉強をメインで行っていました。

ジッセン!WEBマーケティングを基礎から学べる実践的なオンライン研修サービス

このサイトでは、「Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格試験アドバンスト対策講座」というドンピシャの講座が公開されています。
試験に出題される内容などが要点をまとめてくれます。
運用体系にもよりますが、普段のリスティング運用では使わない機能などもあるかと思いますので、ジッセン!で一度知識を総ざらいしてみましょう。

Yahoo!正規代理店であれば2015年12月末まで無料登録できるそうです!
この記事の公開が12/25(金)ですので、ほとんど時間はないですが。。

2. 練習問題を解く

ありがたいことに、Yahoo!公式にて練習問題が公開されています。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験 – Yahoo!マーケティングソリューション

個人的にPCの画面を見て勉強するより紙とペンで勉強したほうが捗りますので、印刷して解答してました。

3. 答え合わせをする

○×をつけて、まずは間違っていた問題をチェックします。
間違った問題は実際の管理画面や公式のラーニングポータルを見て、掘り下げて知識をつけます。

間違った問題はもちろんですが、合っていた問題にも注意が必要です。
4択ですので、適当に答えても正解してしまう恐れがあります。
自信がなかった問題などは、問題用紙か解答用紙にマークをつけておくといいですね。

4. 覚える

自分の知らなかった・曖昧だった知識を、紙に書き出しましょう。
状況が許すのであれば、ひとりごとをブツブツ言いながらやりましょう。
手・目・口・耳を使うので、覚えるきっかけが増えて効率があがります。

その上でもう一度練習問題を解き直せば、ほぼ完璧です!

まとめ

以上、Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験についての記事でした。

一般的にこの試験を受験する目的としては「知識レベルの確認」「ロゴの取得」などがあるかと思いますが、個人的には「合格したときの達成感」を得るという意味で受けてよかったなと思いました。
前々から難しい試験だということを聞いていたので、喜びもひとしおでした。

また、年内の記事投稿はこれで最後になります。皆さん良いお年を!

投稿者情報

k_miyahara

k_miyahara

miyaharaと申します。
普段はリスティング広告を中心に、Webマーケティングに関する業務をしています。
好きなものはラーメンで、特に二郎・家系・中本が大好きです。日々太り続けています。

>> k_miyaharaが執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー