初心者でもできるVBA講座【セッティング編】

2015/08/20

はじめに

「毎日繰り返す作業を効率化をできないかな?」と考えた時に
「エクセルのマクロ機能でブラウザを操作できたらいいのにな~」
なんて思ったことはありませんか?

なんと!!エクセルからブラウザの操作がマクロでできるんです!
そのマクロのプログラムを組むときに使うのがVBAです。
「え~プログラミング言語って難しそう。。。」って
思う方も多いと思いますが、
そんなかたにも簡単にわかるように
VBAについてを説明していきたいと思います。

VB・VBAとは

一般的にVBというと、これはプログラミング言語のVisual Basicを指します。
VB(Visual Basic)は、Microsoftが開発・販売している
プログラミング言語で、Windows上で動作する○○.exeや○○.dllなどの
実行形式ファイルを作成できます。
このVB(Visual Basic)の言語仕様をベースにして、ExcelやWordなどの
アプリケーションで使用するマクロ言語としてカスタマイズしたのが
VBA(Visual Basic for Applications)です。

引用元:officetanaka

set up

1.Excelを開く


2.Office ボタン


3.エクセルのオプション


3.「[開発]タブのリボンに表示する」にチェック

VBA開く

1.[開発]


2.[Visual Basic]


3.メニューより 挿入(I)→標準モジュール(M)

4.Module1が自動生成されます。ここにコードを入力

最後に

今回は、セッティング編ということで
コーディングについては、触れませんでしたが
次回からどんどん進めていくので、
これから始める方は、セッティングしておいて
是非、日常業務のマクロ化をめざしましょう!!

投稿者情報

t_matt

マーケティング事業部 好きな物:旅行/サッカー/食べ歩き飲み歩き/PARTY/スキューバダイビング/飲み会/キャンプ/ショッピング/BBQ/etc.

>> t_mattが執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー