Steamの爆弾解除ゲームKeep Talking and Nobody Explodes 斬新でオモロい!

2015/10/31

大人気のSteam,

最近は、Twitch、Youtube、ニコニコ生放送などのゲーム実況でもSteamのゲームがプレイされることが多くなっている。

個人的に、最近みたゲームで面白かったのが、

Keep Talking and Nobody Explodes

 

日本語版はまだ出てないが、ゲーム自体はシンプルなのですぐ理解できる。

 

ゲームは、

一人のプレイヤーが爆弾を解除し、もう一人のプレイヤーがその指示を出す、という簡単なゲーム。

このゲームのキーは、

必ずプレイするのが2人以上じゃないといけない、ということ。

 

1_KeepTalking_Gameplay-640x360

一人が公式のマニュアルを見て、解除班に解除の仕方をレクチャー。

もう一人のプレイヤーが、実際にPCを操作して爆弾を解除する。

映画「スピード」のジャックとハリーみたいに。

 

で、実際に使用するマニュアル(英語版)

日本語版(非公式) @damenegiさん翻訳 ※アクセスが多すぎてエラーが出る場合があるよう。

 

ゲームを好きな人たちがこうやって有志で翻訳したり、アイテムの場所を教えるブログを作ったりするのが

インディーズゲーム、Steamゲームの良さ。

公式のアップデートが遅い場合も、こうやってユーザーがアップデート情報を公開する。

そもそも、Steam自体が、バグ検証のためのアーリーリリースを前提としたプラットフォームなので、

こういった有志による活躍のおかげで、いいアイディアのゲームが素早くリリース出来る。

 

ゲームの話に戻ると、

マニュアル自体は単純で、

青い線が2本以上の場合は青の線を切る。

スイッチが3個以下の場合は緑のスイッチを押す。

といった、シンプルな論理式に則ったもの。

 

このゲームの面白い所が、

マニュアルを見てるプレイヤーは爆弾を見れなくて、

爆弾を見てるプレイヤーはマニュアルを見れないこと。

 

伝言ゲームのように、

爆弾がどんな状態かを、

青い線は5本、

電源は丸い形、

と解除する方が伝え、

マニュアルを見てるプレイヤーは膨大なページの中から

該当する部分を探して、論理に当てはめて、解除班に伝える。

 

公式では実際にPDFを印刷してプレイするのを推奨してもいる。

 

かんたんにゲームの特長をまとめると、

アナログ+ シンプルな構成 +コミュニケーション

といった構成でできていて、シンプルながらとても奥が深く、

スカイプやビデオ通話が発達した今の時代にもあったゲームになっている点が面白い。

Steamご利用中の人はぜひ。

 

 

投稿者情報

fukumoto

fukumoto

ツヨシオカでEC関係を担当しているフクモトです!

最近ネットフリックスにハマりつつあります。。。

>> fukumotoが執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー