AWSのRoute53で独自ドメインを管理する

2015/02/17

AWS, route53

【概要】

レジストラで取得したドメインのNSを変更し、AWSのRoute53でDNS管理できるように設定する。

 

【事前環境】

レジストラでドメイン取得済みであること。

AWSでroute53が使える状態であること。

 

【設定手順】

AWSコンソール画面からRoute53を選択すると、下記画面に遷移するので、赤枠のHostedZoneを選択します。

 

 

route53選択後

 

これまでに登録したドメイン一覧が表示されます。新規でドメイン追加する場合は、

左上のCreateHostedZoneをクリックします。

 

create_hostzone

 

すると右側に下記画面が、表示されます。ここでDomainNameにレジストラで登録したドメインを入力します。

その下のCommentは、上記のドメイン一覧でコメントとして表示される項目であり、入力してもしなくてもどちらでも構いません。入力を完了したら下にあるCreateボタンを押します。

今回は例として、ドメインはsample.com 、コメントはサンプルサイトと入力しています。

 

ドメイン名入力

 

一覧にsample.comが追加されています。ただし、この時点では、まだNSがAWSのRoute53に向いていないため、sample.comのDNSを設定が反映されるわけではありません。

ひとまずドメインをRoute53に登録した状態です。

では、NSを変更しましよう。まず、先ほど追加したドメインのところをダブルクリックします。

 

 

ドメイン追加後

 

ドメインの一覧から各ドメインのDNSの詳細が記載されています。

ここで、NSのvalueの値をメモします。恐らく4つほどあります。****.org,****.com,***co.uk,***net等です。

 

NS

 

そして、最後にレジストラの方のNSを先程メモした値に書き換えてやれば、Route53で任意のドメインのDNSを設定できるようになります。

※各ドメイン管理会社で設定方法が違うので、こちらは割愛します。

参考ですが、NS変更後は、NSがしっかりと浸透するまでの数時間〜一日程度かかります。

 

 

 

 

 

投稿者情報

パンダマン

パンダマン

パンダマンです。

主にWebシステム開発等を担当しております。
設計・プログラミング。サーバー管理なんでもやります。

今、担当しているプロジェクトではJavaの今まで触れたことのないフレームワークを使うことになり勉強中です。
学生にC言語のプログラミングの基礎を教えたりもしています。
最近「キングダム」にはまっています。

>> パンダマンが執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー