ユーザーを適切なLPへ!キーワード毎のカスタムURL設定方法【Google AdWords】

2015/09/04

はじめに

リスティング広告の強みは、配信面・掲載面・クリエイティブを自由に選べることです。
この強みを活かす機能の一つとして、カスタムURLがあります。

そこで、今回はGoogle AdWordsにおけるカスタムURLの設定方法について説明していきます。

※Google AdWordsでは「カスタムURL」という言葉は使われないですが、キーワード毎に設定するURLのことを便宜上「カスタムURL」と呼びます。

参考記事: ユーザーを適切なLPへ!キーワード毎のカスタムURL設定方法【スポンサードサーチ】

Google AdWordsでのカスタムURL設定方法

大きく分けて、
1.管理画面から設定する
2.AdWords Editorから設定する
3.CSVファイルで設定する
の3種類の設定方法があります。一つ一つ説明していきます。

管理画面から設定する場合

まず「キーワード」タブに合わせます。
デフォルトの設定ではカスタムURLは設定できませんので、表示項目をいじります。


赤線部「表示項目」より「表示項目を変更」を選びます。


上の画像のような項目が現れますので、「属性」中の「最終ページ URL」を追加します。


するとキーワードタブに「最終ページURL」の項目が現れますので、あとは入力ボックスにURLを入力すれば設定完了です。

AdWords Editorから設定する場合

※今回記事の作成にあたり、Google AdWords Editor 11.1.3を利用しています。


まず、左下「管理」メニューより「キーワードとターゲット設定」を選び、更にその中から「キーワード」を選択します。


その上で、カスタムURLを設定したいキーワードを選択し、下の「URLオプション」タブをクリックします。


すると「最終ページURL」という欄がありますので、この欄にカスタムURLを記入します。

CSVファイルで設定する場合


Yahoo!SS同様、CSVファイルでの編集方法はやはり簡単です。
AdWordsではCSVファイルの細かい規定はありませんので、任意の列に「Final URL」という項目を追加し(上記画像の場合はN列)、
キーワードを設定している行のN列に、カスタムURLを記入するだけで完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
同じ設定をするにしても、何通りか方法があります。
キーワードの数や手間に応じて、その場で最適な設定方法を選びましょう!

ちなみに筆者は、一番カンタンで、複数キーワードでの設定もできる「CSVファイルでの設定」をよく使います。

投稿者情報

k_miyahara

k_miyahara

miyaharaと申します。
普段はリスティング広告を中心に、Webマーケティングに関する業務をしています。
好きなものはラーメンで、特に二郎・家系・中本が大好きです。日々太り続けています。

>> k_miyaharaが執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー