リスティング広告運用担当者が知っておくべきExcelの便利なショートカット・機能

2015/06/12

はじめに

こんにちは。社内でリスティング広告運用を担当しているmiyaharaです。
 
リスティング広告では大量のデータを出稿する際、csvによるインポートが不可欠です。
csvを作成・編集する際はExcelで行いますが、
Excelのショートカットを知ってるのと知らないのとでは、作業スピードに大きな差が出ます。
そこで今回は、知っておくと便利なExcelのショートカット・機能をご紹介します。
 
リスティング担当者でなくても、Excelを使う機会は非常に多いと思いますので知らない機能があったらぜひ使ってみてください!
 

基本機能

ジャンプ機能

Ctrl + 矢印で以下のような移動ができます。
i) 現在あるセルから、指定方向にデータが連続して入っている場合

このようにA1~A10までデータが入っている場合、A1でCtrl + 下を押すとA10まで一気にカーソルの移動ができます。
 
ii) 現在あるセルから、指定方向に空白のセルがある場合

A2~A9のセルが空白の場合、A1以下のセルからCtrl + 下を押すと、
A10(次にデータが入っているセル)まで一気に移動できます。
 

セルの選択

■複数セルの選択


複数のセルを選択する際は、Shift + 矢印で選択できます。
マウスを使わず、キーボードだけの操作で行えるため便利です。
 

■ジャンプ機能 + 複数セルの選択


選択すべきセルが多い場合、先ほどのジャンプ機能と組み合わせて
Shift押しっぱなし → Ctrl押しっぱなし → 矢印
で、連続した複数のセルが選択できます。
 

■行全体、列全体の選択

行全体を選択したい場合、Shift + Spaceで選択できます。
 
列全体を選択したい場合、Ctrl + Spaceで選択できます。
 
また、行全体 / 列全体を選択したのち、Shift + 上下矢印 / Shift + 左右矢印を押すと、選択範囲を拡張できます。
 
※入力モードが「半角」になっていないと動作しません。
 

その他、便利なショートカット集

■F2

セルを選択して編集ができます。
 

■Ctrl + F10

右クリックと同じ動きをします。
 

■Ctrl + H

置換メニューが呼び出せます。
置換メニューでは、選択した範囲(範囲を選択しない場合全体)で単語を置換できます。
(例)

複数のrentub.netを、rentub.comに修正したい場合
→検索にnetを、置換にcomを入力します。

直りました!
 

■Ctrl + F

検索ができます。
こちらはインターネットブラウザなどでも使う機能なので知ってる人も多いかもしれません。
 

まとめ

以上、私miyaharaが普段よく使っているExcelショートカット・機能集でした。
 
慣れないうちはショートカットを忘れたり入力がおぼつかなかったりして、
マウスで操作した方が結果的に早くなることもあるかもしれません。
しかし習慣付けることで体が覚えて滑らかに入力できるようになり、作業スピードが格段にアップするはずです!
 
知らなかった機能があればぜひ試してみてください。
ショートカットを駆使して快適なExcelライフを!

投稿者情報

k_miyahara

k_miyahara

miyaharaと申します。
普段はリスティング広告を中心に、Webマーケティングに関する業務をしています。
好きなものはラーメンで、特に二郎・家系・中本が大好きです。日々太り続けています。

>> k_miyaharaが執筆した他の記事を読む

法人向け人気レンタルサーバー
法人向け人気専用サーバー
個人向け人気レンタルサーバー